2017年6月26日月曜日

【書評】橘玲『タックスヘイブン』(幻冬舎文庫)

小説として面白すぎるのが玉にきず?


 『マネーロンダリング』に続く、橘氏の金融小説第2弾。タックスヘイブンは直訳すると「税金天国」だが、租税回避地と訳されることが多い。平たく言えば、どれだけ収入があってもほとんど課税されない国や地域のことだ。税金が給料から天引きされる、われわれ日本人サラリーマンには縁がないが、億単位の収入がある個人や企業がこれを利用しないはずがない。また、本作品でも出てくるように、裏金の洗浄にもかかわっているようだ。

 前作の『マネーロンダリング』から12年が経ち、世界の金融ルールが劇的に変化したことがよく分かる。アメリカをはじめとする国や地域が、タックスヘイブンへの圧力を大幅に強めているのだ。
 そのような時代に、裏金や灰色の資金をどのように隠すのか。また、タックスヘイブンを使って合法的に節税する方法はあるのか。こんな金融ノウハウが小説の形で披露される。
 とはいえ本書に登場するノウハウは、2017年現在の金融業界ではすでに時代遅れになっているのだろう。それほど変化は早い。

 あえて難癖をつけるなら、小説のストーリーが面白すぎて、金融ノウハウが頭に入ってこないことか。それくらい小説としての完成度も高い。
「リーマンショックやパナマ文書に興味はあるけど、経済の本を読むのはしんどいなあ」という人にはおすすめの一冊。

《あらすじ》
 主人公は古波蔵というフリーの金融マン。その旧友である紫帆の夫(北川)がシンガポールで謎の死を遂げた。北川はいったい何者で、どうやって巨額の収入を得ていたのか。
 日本のヤクザや政治家の巨額資金が突然消失。シンガポールのプライベートバンクが資金のやりとりの舞台となったようだ。北川はピエロに過ぎないことは明らかだ。その背後ですべてを操る黒幕はいったい誰なのか。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
タックスヘイヴン (幻冬舎文庫) [ 橘玲 ]
価格:831円(税込、送料無料) (2017/6/26時点)

楽天ブックス

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

【お父さんの週末料理】2017年6月24、25日~娘が煮豆作りに挑戦~

 わが家では土曜、日曜の料理は主に父(私のこと)が担当している。そのメニューを絶賛(?)公開中。
 家族構成は父(40代半ば)、母(年齢非公表)、娘(小4)、息子(小1)の4人である。


 6月24日(土) 
この日はバットを買いに、息子とびわ湖大橋を渡った。

◆昼ご飯◆
 今週は札幌出張だったので、そのお土産のラーメンを食べた。娘は昆布醤油味、息子はカレー味、妻は塩味、私はカニ味噌味。みんなで交換しつつ、モリモリ完食。どうしてラーメンはスープを全部飲みたくなってしまうのだろう…。
 他はサラダ。

◆晩ご飯◆
 この日は野球のバットを買うついでに、息子と買い物に。選んだ魚はサケ。半身が約600円とお買い得の品を、塩焼きにした。サケはいつも好評。
 他はサラダ、ハムスープ、五穀米、ダルマの刺身。メバチマグロの子どもをダルマと呼ぶのだそうだ。トロトロで美味だった。当然、瞬殺。

ダルマの刺身。トロトロ

 6月25日(日) 

◆昼ご飯◆
 娘の大好物の手打ちうどんを作った。今週も、みんなのきょうの料理のレシピだ。袋の中で粉っぽさがなくなるようにこねるのは、どうも難しい。今回も結局、袋から出してこねた。娘がこねて切ったうどんを、今回はざるうどんで食べた。モチモチの食感がグー。
 他はイトヨリの塩焼き、サラダ、ハムスープ、切り干し大根の煮物、煮豆。イトヨリは「今週の魚」の第二弾。立派なイトヨリが1匹600円。2枚に下ろしてもらって、塩焼きにした。すみずみまで食べ尽くした。子どもたちも上手に食べる。

手打ちうどん。モチモチ

イトヨリ。娘は頭部が大好物

みんなのきょうの料理 手打ちうどん

◆晩ご飯◆
 昼のうどんの生地を、餃子の皮に転用して水餃子に。タネをこねるのと、皮に包むのは、娘がほとんどやってくれた。ずいぶん、いろいろなことが任せられるようになってきたものだ。
 餃子のタネがかなり残ったので、卵を加えて餃子バーグにしたら、息子がバカ食いした。息子の肉食化が進んでいる…。
 他はサラダ、煮豆、切り干し大根の煮物。

餃子バーグ。息子がバカ食い…

切り干し大根の煮物。息子の好物

◆番外編◆
 娘と一緒に煮豆を作った。前の晩から大豆を水に浸しておき、翌日にグツグツと1時間ほど煮込んで完成。時間はかかるが、それほど難しい作業はないので、娘がほとんど作ってくれた。
 レシピさえ読めれば、一人でも作れそうだ。次回は一人でチャレンジしてもらおう。

煮豆。ほとんど娘が作った

にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ
にほんブログ村

2017年6月25日日曜日

【中央競馬予想の回顧】宝塚記念、垂水S、東京ジャンプS(2017)

 今週は宝塚記念。
 ◎キタサンブラックは予想通りの単勝1倍台。レースでは出たなりで3番手から。ハナを切ったのは、意外にもシュヴァルグラン。押し出されて先頭に立った。それならキタサンブラックが主導権を握ってもよかったような。結果論だが、本来の行きっぷりではなかったのかもしれない。
 結果は、キタサンブラックが直線で失速して9着に惨敗。渋った馬場はダメなのだろう。やや重程度ならこなせると思ったのだが…。
 勝ったのはサトノクラウン。外からズバッと差しきった。キタサンブラックとは逆に、こういう馬場が合うのだろう。

 土曜の阪神メインは垂水S。
 ◎ハクサンルドルフは予定通りの後方待機。3コーナー過ぎから仕掛け、馬場の中ほどを最速の上がりで差してきたが、4着までが精一杯。前残りの競馬になってしまった。
 勝ったのは1番人気のシルバーステート。先手を取って悠々と押し切った。脚もとさえ大丈夫なら、重賞は確勝級だろう。

 東京では東京ジャンプS。
 ◎スズカプレストは2番手から積極的に前を追ったが、最後は脚が上がって6着まで。いつももうひと押し足りない。
 勝ったのはシンキングダンサー。粘るグッドスカイをクビ差捉えた。

 今週は3戦0勝だったが、他がぼちぼち的中し、トータルはちょろ負け。まずまずということにしておきたい。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2017年6月24日土曜日

【中央競馬予想と与太話】宝塚記念(2017)~重馬場の宝塚記念と言えば~

 今週は上半期の総決算、宝塚記念。梅雨の時期に行われるので、道悪になることが多いGIだ。
 道悪の宝塚記念といえば思い出すのが2006年。勝ったのはディープインパクトだ。武豊騎手を背に、4コーナーで前に取りつくと、早々に先頭に立って独走。4馬身差の圧勝で、単勝1.1倍の圧倒的人気に応えた。
 しかし、ヒモは荒れた。2、3着はナリタセンチュリー(10番人気)とバランスオブゲーム(9番人気)。泥んこ馬場が得意な馬が馬券圏内に入り、穴を開けた。

 レースにいってみたい。
 天気予報も悪く、今年はかなり馬場が悪化しそうだ。2006年同様、泥んこ馬場の得意な馬を見つける必要がありそうだ。
 本命は◎キタサンブラック。2006年同様、単勝1倍台の人気に応えてほしい。死角があるとすれば、よほど馬場が悪化したときか。こればかりは、やってみないと分からない。
 推奨穴馬はスピリッツミノル。道悪得意の逃げ馬の激走がないか。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2017年6月23日金曜日

【中央競馬予想と与太話】垂水S、東京ジャンプS(2017)~意外によかった観光スポット~

 いま、出張帰りの空港でこのブログを書いている。便利な世の中になったものだ。
 競馬カレンダーは、今週で阪神・東京開催は終了。もう1年の半分が終わってしまうとは、早いなあ…。

 そんな土曜の阪神メインは垂水ステークス。昨年までは開幕週に組まれていたのだが、どういう事情か、最終週に移ってきたようだ。
 神戸市垂水区は、神戸の海沿いで最も西に位置する区であり、明石海峡大橋の神戸側にあたる地域だ。いちど、家族でここに宿泊し、神戸周辺を観光したことがある。そのときに訪れたのが、舞子海上プロムナード。明石海峡大橋にエレベーターで上って見学ができるという施設だ。上から見下ろすと、以下に巨大な構造物かがよく分かる。それほど期待していなかったのだが、意外に面白かったので印象に残っている。

 レースにいってみたい。
 芝1800 mの準オープン戦。9頭立ての少頭数となった。夏休み中の馬も多いのだろう。
 ここは、4歳馬3頭の争いと見た。そのなかから本命は◎ハクサンルドルフ。降級初戦の前走は2着に敗れたが、強敵相手にクビ差の接戦。このクラスなら力上位だということを、改めて示した。デムーロ騎手の手綱さばきにも期待。
 相手はシルバーステートミエノサクシードに絞る。がちがちの決着の見立て。

 東京では障害重賞の東京ジャンプステークスが組まれている。
 こちらの本命は◎スズカプレスト。いつももう一歩足りないが、実に堅実。東京コースがプラスに出ないか。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2017年6月18日日曜日

【お父さんの週末料理】2017年6月17、18日~父の日は寿司パーティー~

 わが家では土曜、日曜の料理は主に父(私のこと)が担当している。そのメニューを絶賛(?)公開中。
 家族構成は父(40代半ば)、母(年齢非公表)、娘(小4)、息子(小1)の4人である。

 今週は父の日。

 6月17日(土) 
歯医者があったので、昼はカップ麺大会。

◆晩ご飯◆
 この日は歯医者の帰りに私が一人で買い物に。選んだ「今週の魚」はイカ。2ハイで300円とお買い得だった。ナス、エリンギとともに、自家製トマトソースで炒めた。自家製トマトソースは、一袋80円の激安トマトを湯むきしてニンニクと炒めて水分を飛ばしたもの。われながら美味しくできた。子どもたちにも好評。
 他はサラダ、和風スープ、ざるそば、切り干し大根の煮物。ざるそばは2玉分を用意したところ、麺好きの娘から
「え~、これだけ~?」
とクレームが。たくさん食べてください。

イカとナスの炒め物

 6月18日(日) 

◆昼ご飯◆
 今週もみんなのきょうの料理から「鶏の照り焼き 黒酢風味」。黒酢はなかったので、普通の米酢で代用した。また、もも肉ではなく、むね肉を使用。買い物前はもも肉を買おうと思うのだが、半額のむね肉がその横に並んでいると、ついついそちらに手が伸びてしまう…。
 レシピのように上手く煮詰まらず、煮物風になってしまったが、みんなモリモリ完食。酢の酸味が食欲をそそる、梅雨の時期にふさわしいメニューだ。
 他はサラダ、和風スープ、寿司飯、ナムル。ニンジンがたくさんあったので、ナムルを作った。すぐなくなったので、それなりに好評だったのだろう。

鶏の照り焼き 黒酢風味

◆晩ご飯◆
 今日は父の日ということで、寿司パーティー! 刺身盛り合わせ、ネギトロ、ブリの短冊を購入し、寿司飯を用意して、各自で作った。
 息子と私はにぎり寿司に挑戦。前回は散々だったのだが、今回はそれなりの形になった。手を「えっ?」と思うくらい、思い切って濡らすのがコツのようだ。
 妻は「汚くない?」と手巻き寿司オンリ-。娘は最初は手巻きだったのだが、息子の様子を見てにぎりにも挑戦。上手にできて喜んでいた。
 娘はネギトロが、息子はマグロが美味しかったそうだ。楽しかったね。父の日のお祝いをしてもらい、ありがとうございました。

マグロとネギトロ

ブリ

父の日のお祝いの豆腐。「2017.6.18ちちのひ」と書いてあるようだ

にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ
にほんブログ村

【中央競馬予想の回顧】ユニコーンS、函館SS、米子S、天保山S(2017)

 今週はユニコーンS。
 ◎リエノテソーロは単勝2.5倍の1番人気。1倍台もあると思っていたので、美味しく映った。レースでは先行集団につけ、手応えよく直線へ。残り400 mで前にとりつき、後は伸びるだけだったのだが、ラスト150 mでドドッとかわされて7着に沈んだ。差し馬の流れになったとはいえ、同じような位置にいた馬よりも後ろの着順では…。人気の馬が本命でこの結果だと、ガッカリ。
 勝ったのはサンライズノヴァ。大外をズバッと差して4馬身差の圧勝。上がりの35.4秒は2番目の馬より0.7秒も速かったのだから恐れ入る。前走の凡走はなんだったのだろうか。

 函館では函館スプリントS。
 ◎セイウンコウセイは単勝2.1倍の1番人気。こちらも1倍台とはならなかった。レースでは逃げたシュウジを積極的に追走。直線に入ってこれを競り落としたときには圧勝かと思ったのだが、最後は苦しくなって4着まで。結果論だが、相手をシュウジに絞って、強気に乗りすぎたか。
 勝ったのは中団から矢のように差したジューヌエコール。2馬身半差をつけてレコードのおまけ付き。50 kgの恩恵もあったろうが、強かった。

 阪神のメインは米子S。
 ◎グァンチャーレは直線半ばまで先頭争いを演じたが、最後は止まって3着。力は出し切ったか。
 勝ったのはブラックムーン。最後の100 mでまとめて差しきった。

 土曜は京都で天保山S。
 ◎コウエイエンブレムは単勝1.6倍の抜けた1番人気。これでは馬連で流す気になれず、○サウススターマンとの2頭軸で買うことに。1着はコウエイエンブレム固定の3連単にするか、2頭軸の3連複にするか、それともワイド1点勝負にするか。迷ったあげく、ワイドの1点勝負に決定。
 レースではコウエイエンブレムはピタッと2番手につけた。サウススターマンはその1列後ろの4、5番手。4コーナー手前でサウススターマンが外から仕掛けると、残り200 mでコウエイエンブレムをかわして先頭へたち、みるみる差を広げていく。最後は余裕の1着。まさか勝つとは。
 一方、コウエイエンブレムは3着に粘るのがやっと。前にいた馬が残る流れだっただけに、不甲斐なかった。2着にはキングズガードが突っ込んだ。
 馬券はワイドで買ったのが大正解で、見事に的中。

 今週は3戦1勝。土曜はよかったのだが、その貯金を守り切れず、トータルはトントン。もったいなかった。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村