2018年7月23日月曜日

【中央競馬予想の回顧】中京記念、函館2歳S、桶狭間S

 今週は中京記念。
 ◎リライアブルエースは最後方集団から。いくら何でも後ろすぎるような。直線では勝ったグレーターロンドンの後を追うようによく伸びたが3着まで。道中、もう少し前にいたかった。
 勝ったのはグレーターロンドン。大外を突き抜けて待望の重賞制覇。

 函館では函館2歳S。
 ◎アスターペガサスは出負け。1200 m戦だけに絶望していたのだが、外々を回ってぐんぐん追い込み、最後はラブミーファインをハナ差で捉えて見事に1着。小崎騎手は重賞初制覇。今日は馬に助けられた面もあったが、どんどん勝ち星を伸ばしていってほしいものだ。
 馬券は単勝1点勝負がズバリ的中。

 土曜は桶狭間S。
 ◎ツーエムマイスターは離れた2番手。揉まれ弱い馬だけに、絶好の位置取りだ。直線を向いて粘り込みを図ったが、坂下で捕まって沈んだ。差し馬の流れになってはつらかった。
 勝ったのはアードラー。展開も向いたが、いい切れ味を見せた。

 今週は3戦1勝でトータルはちょろ負け。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿