2018年1月29日月曜日

【お父さんの週末料理】2018年1月27・28日~せっかく、から揚げなのに~

 わが家では土曜、日曜の料理は主に父(私のこと)が担当している。そのメニューを絶賛(?)公開中。
 家族構成は父(40代半ば)、母(年齢非公表)、娘(小4)、息子(小1)の4人である。
 最近は、特に息子の野球のある日は、朝をしっかり食べて昼を軽めにというパターンが定着。

 今週は大寒波が到来。雪が積もって息子の野球は中止になった。また、娘がキャンプで不在。娘の苦手なピリ辛系で攻めてみた。

 1月27日(土) 
朝と昼は妻が担当してくれた。

◆朝・昼ご飯◆
 朝は妻が卵焼きを作ってくれた。
 この日から娘がお弁当をもってキャンプへ出発。昼はお弁当と同じホットドッグ。

◆晩ご飯◆
 「今週の魚」は、つばす。1匹500円のお買い得品を2枚に下ろしてもらった。半身は刺身に、頭は潮汁にした。
 メインはカレー焼き。小麦粉とカレー粉を振って焼いたら、ちょっと焦げてしまった。評価はいま一歩。
 他は刺身、潮汁、サラダ、カボチャ、ちくわ塩昆布、白ご飯。刺身は絶品。

つばすの刺身。とろとろ

 1月28日(日) 

◆朝・昼ご飯◆
 朝ご飯は前日夜に作りおいた鶏ミンチのチャプチェ。野菜を焼いていったん取り出す。次に鶏ミンチを炒めて豆板醤と甜麺醤を投入し、ピリ辛の肉味噌を作る。そこに春雨と野菜を戻して、オイスターソースで味を調えた。ミンチのチャプチェは息子の好物。
 他は肉まん、サラダ、ベーコンスープ、カボチャ、ちくわ塩昆布。ちくわ塩昆布は、ちくわを炒めて、くらこんの塩こんぶと和えたもの。ご飯のお供にグー。
 昼は肉まんの代わりにカレー(半人前)。チャプチェがたくさんできて、昼でも食べきれなかった。

鶏ミンチのチャプチェ。息子の好物

カレーとチャプチェ

◆晩ご飯◆
 待ってました、から揚げ大会。豪華2種類の共演だ。
 一つ目は「日清 聖地中津からあげセット しょうゆだれ」。250円の高級(?)から揚げ粉で、しょうゆだれに漬け込んでから片栗粉をまぶすタイプ。
 もう一つは「ネギカレーから揚げ」。「パリッジュ~から揚げ粉」にカレー粉を加え、鶏むね肉をサイコロ状に切ったものとネギを混ぜ込んだ。
 「さあ、山ほど食え~」のはずだったのだが、息子がおやつを食べ過ぎていて、2個しか食べられなかった。せっかく山盛り作ったのに…。おやつを出したのは私なので、文句は言えないのだが。
 ネギカレーから揚げは、われながら美味。ネギの甘みが最高だ。中津のほうは、「粉っぽい」という妻の評価。漬け込んだ鶏肉に薄く衣をつけるタイプは好みではなかったようだ。鶏肉の量が多すぎて、うまく漬からなかったのかもしれない。次は100円のから揚げ粉にします。
 他はベイクドポテト、サラダ、ベーコンスープ。ベイクドポテトは一人につきジャガイモ1個を食べたら満腹になった。

ネギカレーから揚げ。われながら美味

高級(?)から揚げ。やや不評

◆番外編◆
 ほぼ毎週、日曜の夜に、リサイクル炒めなるものを作っている。ダシを取った後の昆布や大根の皮や葉など、捨てることも多い部分を再利用するので「リサイクル炒め」なのだ。娘が命名した、妻のお気に入りメニュー。
 今週のリサイクル炒めはセロリの葉、大根の皮、ダシを取った後のネギと昆布、リンゴの皮。味付けはとんかつソース。

今週のリサイクル炒め

にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ
にほんブログ村

2018年1月28日日曜日

【中央競馬予想の回顧】シルクロードS、根岸S、北山S、牛若丸ジャンプS(2018)

 今週はシルクロードS。
 ◎ナックビーナスは好スタート。これはハナを切るだろうと思いきや、行ききれずに3、4番手。4コーナーでは外を回って前を追ったが捉まえきれず、最後は後ろにも差されて5着。内の枠がほしかった。
 勝ったのはファインニードル。1番枠を利して快勝。

 東京では根岸S。
 ◎キングズガードは後方のイン。そのまま内を回って差を詰め、直線でも内を突いた。うまく馬群を抜けてきたのだが、上位には切れ負けして6着止まり。結果論だが、やや仕掛けが早かったか。
 勝ったのはノンコノユメ。ハイペースに乗じて差し脚を伸ばし、サンライズノヴァとの叩き合いを制した。見事に復活。

 土曜は京都で北山S。
 ◎ザイディックメアは3、4番手から前を追ったが、先に抜けた1、2着馬に残られて3着。もうひと押しが足りなかった。
 勝ったのはロイヤルバンプ。2番手から押し切った。

 牛若丸ジャンプSは◎ドリームハヤテが落馬競走中止。障害戦だから、こういうこともある。

 今週は4戦0勝。他もイマイチでトータルはマイナス。開幕週からつまずいた。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

【書評】歌野晶午『密室殺人ゲーム王手飛車取り』(講談社文庫)

「こういうのもありだよね」と思わせておいて…


 初めて読んだ歌野作品。非常にゲーム性の強い作品だ。
 5人の男がネットのライブチャット(スカイプを想像すればよい)で集まり、殺人事件のトリックを推理する。一人が出題役、残る四人が探偵役だ。ただ、普通と違うのは、出題役は実際に殺人を行うところ。実際に起きた殺人が問題となるのだ。だから、「犯人当て」は問題にならない。犯人は画面の向こうの誰かさんなのだから。
 この設定の下で、七つの問題が出題され、すなわち七つの殺人事件が起き、それぞれが解かれる。実際にはあり得ない設定だが、ゲームとして読むには面白い。それぞれのトリックや謎解きはなかなかよくできていて
「なるほど、こういうのもありだよね」
と読み進めた。

 しかし、オチはどうなのかなあ…。歌野氏も、賛否両論あるのは承知で書いたのだろうが…私は「否」だ。
 それとも、オチのシーンは作者からの出題であり、結末を導ける材料が揃っているのだろうか。それならひと言、そう書いておくべきだよなあ。
 急に打ち切ることになったアニメの結末が
「悪魔軍団との闘いは、まだまだ続くのだった」
みたいな読後感だった…。

 ここまで書いて、Amazonのリンクを貼るために検索すると、続編が出ていることが判明。おそらく、ラストシーンの謎解きも書かれているのだろう。
 読みたいような、読んでもがっかりなような…。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社文庫) [ 歌野晶午 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2018/1/28時点)

楽天ブックス

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2018年1月27日土曜日

【中央競馬予想と与太話】シルクロードS、根岸S(2018)~4連覇した調教師~

 今週から京都・東京開催がスタート。日曜には京都でシルクロードステークスが、東京で根岸ステークスが組まれている。
 シルクロードSは1996年から重賞になったが、その前はオープン特別だった。そのオープン特別時代の最後の4回をすべて勝利したのが佐山調教師。92、93年をユウキトップランで、94、95年をゴールドマウンテンで制した。ヒシアケボノ、ヒシマサルなど、「ヒシ」の名馬を管理した調教師だ。短距離に強く、河内騎手をよく乗せていた記憶がある。
 2014年に引退するまでに500勝以上をあげたのだから、名調教師といってよいだろう。お元気にされているのだろうか。

 レースにいってみたい。
 GI馬が参戦したが、混戦模様。ハンデ戦でもあり、どこからでも入れそうだ。馬券的には面白い。
 本命は◎ナックビーナス。前走は逃げ切って人気に応え、約1年ぶりの勝利をあげた。今回もハナを切れそうな組合せ。もう少し内の枠が引きたかったが、3コーナーまでにインを取れないか。
 推奨穴馬はラインミーティア。前走はGIで0.7秒差なら悪くない。

 根岸Sは◎キングズガードを狙う。流れてほしい。こちらの推奨穴馬はサイタスリーレッド。ダートは5-0-2-2。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2018年1月26日金曜日

【中央競馬予想と与太話】北山S、牛若丸ジャンプS(2018)~牛若丸のイメージ~

 数年に一度という大寒波が到来。土曜の京都の前日発売も中止になった。
 ちょうど大雪の日と東京出張が重なり、新幹線が止まってしまわないか心配したが、ほぼ時刻通りに動いていた。太平洋側では、東京近辺だけドカッと降ったようだ。非常に歩きにくかったが、無事に仕事を終えることができた。

 そんな土曜は重賞はなく、京都のメインには北山ステークスが、8Rには障害オープンの牛若丸ジャンプステークスが組まれている。牛若丸のぴょんぴょん跳ねるイメージから、障害のレース名に使われてるのだろう。なかなかよいネーミングだと思う。
 このレースは1999年から始まったようで、(おそらく)第1回目の勝ち馬がデピュティスズカ。1994年生まれだから、サイレンススズカと同年齢で同馬主、しかも同厩舎のおまけ付き(橋田厩舎)だった。平地では1勝もできなかったが、障害転向後は2-2-2-3とまずまずの成績を残した。
 障害戦での鞍上はすべて北沢伸也騎手。一時期、橋田厩舎に所属したように、橋田師とは仲がよい。橋田厩舎が障害戦を使うときは、たいてい北沢騎手だ。スズカ-橋田-北沢ラインで、大きいレースを取ってほしいものだ。

 レースにいってみたい。
 その北沢騎手が今年も登場。南井厩舎の◎ドリームハヤテに騎乗する。この馬を本命に抜擢したい。2015年の10月以降、勝ち星がないが、その間、2着4回、3着2回。安定した走りが魅力だ。タマモプラネットは同厩なので、競り合いはないだろう。前残りの展開を期待。
 推奨穴馬はクリスタルキャノン。オープン2走目で。

 北山Sはザイディックメアが本命。今季は好調。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2018年1月22日月曜日

【お父さんの週末料理】2018年1月20・21日~包丁で自爆…~

 わが家では土曜、日曜の料理は主に父(私のこと)が担当している。そのメニューを絶賛(?)公開中。
 家族構成は父(40代半ば)、母(年齢非公表)、娘(小4)、息子(小1)の4人である。

 最近は、特に息子の野球のある日は、朝をしっかり食べて昼を軽めにというパターンが定着。
 今週は気温が上がって過ごしやすかったが、息子がゴホゴホと咳を連発。野球は休む羽目になった。

 1月20日(土) 
朝と昼は妻が担当してくれた。

◆朝・昼ご飯◆
 朝は妻が鮭を焼いてくれた。朝ご飯に鮭の塩焼きは定番。
 昼は娘がホットケーキを焼いてくれた。いつも少し生焼け気味なので、少し火を強くしてフタをするように指示したら、上手に焼けた。

◆晩ご飯◆
 「今週の魚」第1弾はブリの頭とカワハギ。大きめのカワハギが1匹400円とお買い得。皮をはいでもらって、塩焼きにした。息子、妻、私の3人で食べた。淡白で美味だったが、息子は魚になると食べるスピードが5分の1に落ちる…。味ではなく骨が苦手なのだ。
 ブリの頭は娘が担当。大きい頭(半身)が100円。グリルに入らなかったので、トースターで加熱したら上手に焼けた。娘が「めっちゃ美味しい~」とおおいに気に入り、すみずみまでホジホジした。
 他はサラダ、スープ、蒸し蒸しくん、ホタルイカ、白ご飯。蒸し蒸しくんは、蒸しナスと蒸し鶏をごまドレで和えたもの。手軽で美味しい。
 この日も、週末ヒマ人の娘に手伝ってもらったら、指を切ってしまった…。好奇心で、包丁の刃を「すーっ」となでたら、ぱっくり切れたらしい。大したケガでなくてよかった。包丁が危ないことを、身をもって実感したことだろう。化膿しなければよいが。

ブリの頭。娘がすみずみまで食べ尽くした

蒸し蒸しくんとホタルイカ

 1月21日(日) 

◆朝・昼ご飯◆
 「今週の魚」第2弾はソフトニシン。息子も妻も苦手なのだが、安くて美味しいので買ってしまった。案の定、息子が大苦戦。取らなくてよい骨までとろうとするので、ものすごく時間がかかった。娘は骨まできれいに食べた。
 他はサンドイッチ、スープ、サラダ、蒸し蒸しくん、カボチャ煮物。ハムが余っていたので、久しぶりにサンドイッチを作った。大好評。
 昼は肉まん、サラダ、蒸し鶏、カボチャ煮物。

ソフトニシン。息子が苦戦した

◆晩ご飯◆
 げんさんの豚ステーキ肉(国産ではありませんが)を6枚購入。3種類の炒め物を作った。一つ目はナッツ炒め。ミックスナッツとともに炒めた。二つ目はネギと玉ねぎの照り焼き味。オーソドックスな味付け。三つ目は、ちょっと挑戦的に、塩こんぶ和え。くらこんの塩こんぶと和えた。晩ご飯はナッツ炒めだけで満腹に。ナッツの食感が好評だった。残りは翌日の弁当などに回った。
 他は餅、サラダ、蒸し蒸しくん、カボチャ煮物、スープ。鏡餅を食べた。子どもたちは大の餅好き。

左が塩こんぶ和え、右がネギと玉ねぎの照り焼き味

ナッツ炒め

◆番外編◆
 ほぼ毎週、日曜の夜に、リサイクル炒めなるものを作っている。ダシを取った後の昆布や大根の皮や葉など、捨てることも多い部分を再利用するので「リサイクル炒め」なのだ。娘が命名した、妻のお気に入りメニュー。
 今週のリサイクル炒めはセロリの葉、大根の皮と葉、キャベツの外葉、ダシを取った後のネギ。よーく炒めるのがコツ。ちょっと焦げた。味付けはカレー粉とりゅうきゅうのタレ。りゅうきゅうとは大分の郷土料理で、刺身を漬け込んだもの。タレの賞味期限が近いので転用した。

今週のリサイクル炒め

にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ
にほんブログ村

2018年1月21日日曜日

【中央競馬予想の回顧】アメリカジョッキークラブC、東海S、スバルS(2018)

 今週はアメリカジョッキーCC。◎ミッキースワローは後方3番手から。前とはかなり差がある。心配だ。3コーナー手前から早めに仕掛けたが、4コーナーでもまだ前とはかなりの差。最後は何とか逃げたマイネルミラノをかわして2着に浮上。力は見せたが、展開が向かなかった。
 勝ったのは2番手から抜け出したダンビュライト。デムーロ騎手がうまく乗った。
 馬券は馬連をとった。安かったが、本線だったので少し浮いた。

 中京では東海S。
 ◎テイエムジンソクは単勝1.3倍の断然人気。好発を切ると、逃げの手に出た。持ったままで直線を向き、これは圧勝かと思いきや、コスモカナディアンが食い下がる。しかし、最後まで抜かせずにきっちり勝利。人気に応えた。
 2着にコスモカナディアンが頑張り、馬券はハズレ。叩き2走目で一変した。

 土曜は京都ですばるS。
 ◎コウエイエンブレムは2番手につけた。道中は淡々と流れ、直線は逃げたドライヴナイトとの一騎打ちに。結果はドライヴナイトに軍配。流れが向いたにしても、強かった。
 馬券は馬連をとったが、トントン。

 今週は3戦2勝。他もポツポツで、トータルはややマイナス。
 早くも今年最初の開催が終了。まずまずのスタートだ。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2018年1月20日土曜日

【中央競馬予想と与太話】アメリカジョッキークラブC、東海S(2018)~ドサクサに紛れて距離短縮~

 今週は京都では重賞がなく、中山でアメリカジョッキークラブカップが、中京で東海ステークスが組まれている。

 東海Sは、中京競馬場改修のドサクサに紛れて1800 mになってしまったが、2009年までは2300 mで行われていた。ダートの長距離レースは好きだったのに、短くなってしまって残念だ。
 最後の2300 mとなった2009年の勝ち馬がワンダースピード。小牧騎手を背に、好位から抜け出して1馬身1/4差をつける完勝劇だった。このとき7歳。翌年まで走って、引退レースとなった交流重賞の名古屋GPを勝利で飾った。
 GIでは足りなかったが、重賞戦線で長く活躍した、馬主孝行な馬だった。4歳下の弟にワンダーアキュートが出たように、ダートが得意な血統なのだろう。

 レースにいってみたい。
 断然の人気だが◎テイエムジンソクで仕方なかろう。前走はGI初挑戦にもかかわらず1番人気に推された。人気しすぎでは…という杞憂をよそに、直線ではコパノリッキーを競り落として2着。惜しくもゴールドドリームに差されたが、これは展開のアヤ。GIでも十分に通用することを証明した。相手が軽くなる今回は、しっかり賞金を加算したい。
 推奨穴馬は、穴というほどではないが、ドラゴンバローズ。前走はまったく走る気を見せなかった。和田騎手に戻って巻き返しがないか。

 アメリカジョッキーCCも、人気だが◎ミッキースワローが本命。相手も4歳馬を中心に勝負。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2018年1月19日金曜日

【中央競馬予想と与太話】すばるステークス(2018)~和名が廃れた理由~

 今週は過ごしやすかったが、来週は冷え込むそうだ。東京出張が荒天にならなければよいのだが。

 そんな土曜は重賞は組まれておらず、京都のメインはすばるSである。
 すばるは星の名前で、自動車ではないので注意が必要だ。正確に言うと、星ではなく星団であり、いくつかの星が集まったものだ。そのため英語ではプレアデス星団と呼ぶらしい。
 すばるは珍しく和名のほうがよく知られているが、理科で出てくる星の名前はほとんどがカタカナだ。外来語が入ってくるまでは、星の名前は和名で呼んでいただろうに、いつから入れ替わったのだろうか。星の和名を紹介しているウェブサイトはいくつか見つかったが、なぜ和名が廃れたのかは分からなかった。来年までの宿題としておきたい。

 レースにいってみたい。
 フルゲートの16頭が揃った。本命は◎コウエイエンブレム。前走は人気を裏切ったが、激流に巻き込まれては仕方なかった。前走ほど速くなりそうにない今回は、巻き返してくる。揉まれるとダメな馬だけに、大外枠も歓迎か。
 推奨穴馬はサトノファンタシー。オープン昇級後は苦戦が続いているが、もっとやれる。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2018年1月18日木曜日

【書評】重松清『みんなのうた』(角川文庫)

 テーマはふるさと、家族、過疎。山陽の田舎町を舞台に、家族間の愛情と切なさが描かれた、いかにも重松氏らしい雰囲気の小説。
「こんな田舎で一生を終えるなんて、絶対イヤ」
と東京で受験生活を送っていたレイコさんが主人公。3度目の受験に失敗し、レイコさんが故郷へ帰るところから話は始まる。都落ちの負い目から、なかなかなじめないレイコさんだが、友人や弟のお陰で、徐々に心を開いてゆく。そして知る、家族の絆。同時に知る、故郷を捨てて都会へ出た「成功者」たちの冷たさ。「成功者」になりそこねたレイコさんとその家族の物語だ。
 最初は故郷のことなんて好きではなかったレイコさんが、故郷のための活動に参加するようになっていく過程が自然でよかった。しかし(少し嫌味な見方だが)普通の20歳前後の若者が、レイコさんのように心を変えていくことは、まずないだろう。だから都会の人口は増え、田舎の人口は減るのだ。家族の温かさが心地よい一方で、無縁仏や廃屋が生じる様子がリアルに伝わってくる。

 実は、わが家の状況が、これに近いのだ。私の父は、上記で書いた「成功者」だ。ただ、小説と違うのは、まだ故郷とかかわりを持っていて、墓などを維持していることだ。
 そして、その長男が私。「父の故郷」には昔は祖父母が住んでいたので、愛着はある。わが家のルーツがそこにあると実感できる。私の代までは、最低限の墓の管理や親戚づきあいは維持しようと思う。
 しかし、娘と息子に「あとは頼む」とは言いづらい。彼らにとっては、単にお墓のある場所でしかない。ルーツの地であることは頭では分かっていても、実感はないし、なんの愛着もないだろう。お墓なんて相続しても、重荷にしかならないに違いない。
 さあ、どうするかなあ…。あまり考えたくないことを目の前に突きつけられて、ボディブローでKOされた気分だ…。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
みんなのうた (角川文庫) [ 重松清 ]
価格:691円(税込、送料無料) (2018/1/17時点)

楽天ブックス

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2018年1月15日月曜日

【お父さんの週末料理】2018年1月13・14日~「肉好き」+「噛みきるのが苦手」の答は?~

 わが家では土曜、日曜の料理は主に父(私のこと)が担当している。そのメニューを絶賛(?)公開中。
 家族構成は父(40代半ば)、母(年齢非公表)、娘(小4)、息子(小1)の4人である。

 寒波到来。激寒なので鍋やおでんをしたいのだが、大根と白菜が高いので難しい。
 最近は、特に息子の野球のある日は、朝をしっかり食べて昼を軽めにというパターンが定着。
 料理とは無関係だが、歯医者の予約をすっぽかしてしまった…。

 1月13日(土) 
朝と昼は妻が担当してくれた。

◆朝・昼ご飯◆
 朝は妻が鮭を焼いてくれた。朝ご飯に鮭と白米は鉄板の組合せ。
 昼はラーメンを食べて、野球の練習に行った。

◆晩ご飯◆
 娘の週末ヒマ人ぶりがひどいので、なかば強制的に料理を手伝ってもらった。けっこう上手にいろいろやってくれて助かるし、料理のイロハを学ぶのもよいことだ。
 私が選んだ「今週の魚」は石カレイ。スーパーで大きな切り身が二つで600円弱。煮付けにしたら、ほろほろで美味。娘は卵が気に入った。
 他はサラダ、鶏肉スープ、カボチャの焼き浸し、鶏ネバー、白ご飯。カボチャは、いつも煮物では芸がないので、焼き浸しに。カボチャの煮物好きの息子も気に入った。

石カレイの煮付け。卵たっぷり

 1月14日(日) 

◆朝・昼ご飯◆
 前日の夜に作りおいた、ひき肉のチャプチェがメイン。主婦の友社『作りおきサラダ 冷めてもおいしい。ねかせるからもっとおいしい。』のレシピ。「サラダ」というよりも「おかず」的なレシピがたくさん掲載されている。ちなみに、電子書籍で格安で購入した本だ。便利な世の中になったものだ。
 息子のツボにはまったらしく、おおいに気に入った。息子は「肉好き」+「噛みきるのが苦手」=「ひき肉好き」の方程式(?)なのだ。
 他はサラダ、鶏肉スープ、カボチャの焼き浸し、鶏ネバー、白ご飯。
 昼は前日同様、ラーメン。実家からもらったラーメンがなくなった。息子は
「またラーメン?」
と言いつつ、瞬殺。

カボチャの焼き浸し

◆晩ご飯◆
 チャプチェをたくさん作ったので、晩ご飯もチャプチェ。息子が超速で平らげ
「おかわり!」
と叫んだが、残念ながら売り切れだった。
 他はサラダ、鶏肉スープ、カボチャの煮物、鶏ネバー、白ご飯。朝とほとんど同じメニュー。

カボチャと鶏ネバー

にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ
にほんブログ村

2018年1月14日日曜日

【中央競馬予想の回顧】日経新春杯、京成杯、愛知杯、淀短距離S(2018)

 今週は日経新春杯。
 ◎モンドインテロは行く気もなく後方から。3コーナー過ぎから手綱をしごいて上がっていくが、手応えが悪い。案の定、直線はたいして伸びず、7着止まり。見せ場なし…。
 勝ったのはパフォーマプロミス。重賞初挑戦で1番人気に応えた。今日はデムーロ騎手の日だった。
 推奨穴馬のガンコが3着にきたのはプチ自慢だが、本命が沈んでは意味なし。

 中山では京成杯。
 ◎デルタバローズは好位で4コーナーを回ったが、直線は沈む一方で13着に惨敗。論ずるに値しない走りだった。
 勝ったのはジェネラーレウーノ。よどみのないペースで逃げ切った。大外枠を克服したのは見事。

 土曜は中京で愛知杯。
 ◎エテルナミノルの+8 kgは好材料。気配もよく見えた。レースでは、懸案のスタートを決めて好位から。直線に入って外に持ち出すと鋭く伸びて半馬身差の完勝劇。本命に推しておいて何だが、こんなに鮮やかに勝つとは思わなかった。
 軽ハンデの格上挑戦馬はすべて買っていたので、2着に入ったレイホーロマンスを押さえており、今季初の万馬券…となってもよかったのだが、馬券はワイドで買っていた。3着に1番人気のマキシマムドパリがきたので安くなったが、当たりは当たり。よしとしておきたい。

 京都では淀短距離S。
 ◎アクティヴミノルは注文通りハナへ。武豊騎乗の1番人気馬が逃げると、誰もつつかず、流れはスロー。ただでさえ前が有利ないまの京都でこのペースでは、後ろの馬にはノーチャンス。アクティヴミノルの楽勝かと思いきや、番手のラインスピリットとの叩き合いに。最後はクビ差でラインスピリットに軍配。
 馬券は馬連をとった。10倍ついたとは、嬉しい誤算。本線で押さえており、けっこう浮いた。

 今週は4戦2勝。土曜のプラスを日曜でかなり吐き出したが、トータルはプラスで逃げ切った。今年初勝利。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2018年1月13日土曜日

【中央競馬予想と与太話】日経新春杯、京成杯(2018)~21世紀最初の勝ち馬は~

 今週は京都で日経新春杯が、中山で京成杯が組まれている。
 日経新春杯は、今年で65回目を迎える、伝統のハンデGII。レース名が「新春」なので、時期もずっと年初の京都開催だ。65年間、ずっと1月に京都で行われている。レースの距離や時期の変更が多いなか、なかなかないことだ。

 21世紀になって最初の勝ち馬がステイゴールド。3歳の9月に900万条件(いまでいう1000万条件)を勝ったが、それ以降は28戦未勝利。その間にGIで2着になること、なんと4回。「最強のシルバーコレクター」というニックネームがついた。
 6歳の目黒記念でようやく惜敗に終止符を打ち、重賞勝ち馬となると、翌年の日経新春杯で二つ目の重賞タイトルを手に入れたのだった。その後は、ドバイと香港で海外の重賞を2勝。ついにJRAではGIをとれずに引退した。
 種牡馬となってからの大活躍は周知の通り。オルフェーヴルやゴールドシップを初めとする活躍馬を次々に送り出し、大種牡馬となったのだった。

ステイゴールド。JBISウェブサイトより

 レースにいってみたい。今年はステイゴールドのような大物が隠れているだろうか。
 本命は◎モンドインテロ。トップハンデの57 kgはやや見込まれたが、オープン特別3勝の実績は、ここでは上位。前々走は後方からになってしまい、度外視できる。距離不足の前走は0.1秒差の4着と頑張った。距離延長でもうひと押しを期待。ステイゴールドと同じく、6歳での重賞初勝利なるか。
 推奨穴馬はガンコ。芝に矛先を変えた前走を快勝。追い切りも動いた。

 京成杯はぶっちゃけ手薄なメンバー。それなら新馬勝ち直後の◎デルタバローズで足りる。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2018年1月12日金曜日

鳥羽へ旅行に行ってきた【2018年の正月、小4の娘と小1の息子とともに】

 2017年末は、贅沢にも旅行先で年を越した。食事を含む宿泊代はすべて両親もち(いつもすみません…)。昨年までは三家族(私は3人きょうだいです)が実家に集まっていたのだが
「来てもらうのは、もうしんどい。お金は出すから旅行にしよう」
となったのだ。それならそれで、日帰りで顔を出すなりしたのだが…。なんだか申し訳ないが、ご提案に甘えることになってしまった。

《旅行前にひと騒動》
 申し訳なく思いつつも、温泉旅館で年を越せるとは、なんと贅沢。一家四人とも、とても楽しみにしていた。その矢先、クリスマスに妻がインフルエンザでダウン。しかし、この時期なら旅行までには回復しそうだ…と思っていたら、息子に感染。これはやばい。欠席も覚悟した。
 しかし、当日までに何とかギリギリ回復。当初は近鉄特急で行く予定だったが、病み上がりで歩いたり乗り換えたりするのはしんどかろうと、レンタカーに変更して鳥羽へ向かった。

《いざ到着》
 いつもより第二名神の交通量が多かった程度で、それほど混まず、無事に到着。宿泊は、老舗の戸田屋だ。部屋に入り、さっそくダラダラモード。極楽ですな。

さっそくダラダラモード。温泉旅館はこれに限ります

 ひと風呂浴びて、晩ご飯会場へ。贅沢にも、個室の宴会場だ。2歳から73歳までが勢揃い。この旅行はおばあちゃん(私の母)の古希のお祝いも兼ねていたので、まずはおめでとうの乾杯。お祝いする側が招待されるというのはかなり間抜けだが、成り行き上、仕方がなかったということにしておきたい…。
 料理は伊勢志摩の海の幸あり、松阪の牛肉ありで、超豪華。食べきれないほどの量だった。子どもたちは早々に満腹になり、舞台でマイクを持って宴会芸(?)。
「みなさん、聞いてますか~?」
「いまから歌いますよ~」
「準備はよいですか~?」
の繰り返しで、肝心の歌がなかなか始まらないのが可愛らしかった。

肝心の歌がなかなか始まらない

 食後はゲーセンで少し遊んで、年越しそば会場へ。満腹だったので、2人前で正解だった。

いい匂い?

 この日だけは特別に、夜更けまでDS大会。とはいえ、最も長時間やっていたのは、妻だったが…。

半分以上、妻がやっていた…

《明けましておめでとう》
 目が覚めたら2018年。夜更かししたため眠りこけている子どもたちを起こさないよう、私は朝風呂へ。まったく極楽ですなあ。
 朝食の後は、餅つき大会に参加。わが子たちは
「いやや~、恥ずかしい~」
と拒否したが、強制参加。従兄弟たちと一緒に餅をついた(つかされた)。つきたてのきなこ餅は美味。

従兄弟と餅つき

 続いて七福神探し。館内の七福神をすべて探し出すと、景品がもらえる。妻が子どもたちを引き連れて、探索開始。

七福神を探せ

 私がおじいちゃん(私の父)とロビーでくつろいでいると、子どもたちが現れて
「お父さ~ん、手伝って~」
ときた。妻だけでは手に負えなかったようだ。しかし、私が参加するとあっという間に七福神をコンプリート(やや大げさ)。父の威厳を見せた(笑)。

《伊勢シーパラダイス》
 ずっと旅館にいるのも何なので、子どもたち6人と、私を除くその親たちで、伊勢シーパラダイスへ。私のこどもたちは小4と小1なので、親が一人ついていれば十分だが、残りの二家族はまだ2歳の幼児がいるので両親ともに参加だった。楽になったものだ。
 伊勢シーパラダイスは、魚や海獣との「ふれあい」をコンセプトにした、こぢんまりした水族館だ。見るだけよりも、触りたい人にはお勧めだ。息子は、まだインフルエンザの影響で少ししんどかったのだろうか、「もう帰ろうや~」モードになってしまい、叱られてグズっていた…。

「ふれあい」がテーマだそうだ

 不参加の私は、この間に新年初ランニング。旅行先でのランニングを楽しませてもらった。鳥羽のシーサイドを爽やかに疾走した…と言いたいのだが、風が強くて難儀した。向かい風の中、走ってシーパラダイスに向かい、みんなと合流。夫婦岩を見て(すごい風だった)、おみくじを引いた。今年は二人も大吉が出た。よい年になりますように。

夫婦岩。小学校の修学旅行以来、30数年ぶり

 晩ご飯が多いことを見越して、昼食は軽めに済ませ、自家用車組とバス組とランニング組(もちろん1名のみ…)に分かれて旅館へ戻った。帰りは風も弱まり、追い風だったので気持ちよく走れた。

《元旦の夜》
 旅館に帰り、ひと風呂浴びて夕食。お腹を空かせた甲斐があり、私は見事に完食。この日も海鮮や鯛飯が美味しかった。空腹に勝る調味料なしだ。
 夕食後は、ビンゴ大会。その前に、もう一度、餅つき大会があった。参加者が少なく、見るに見かねて私も参加。なんとアンカーになってしまい、ずいぶん何回も餅をつく羽目に…。何とかやり遂げた。

何回つけばよいのでしょうか(汗)

 本命のビンゴ大会は、みんなハズレ。残念でした。
 部屋に帰って、この日も夜更かししてDS大会。子どもたちには、夢のようなひとときだったことだろう。

《鳥羽水族館》
 翌日の1月2日は、チェックアウトを済ませて鳥羽水族館へ。順路がなく、自由に見て回れるのがよい。

オコゼが整列。可愛らしい

 1955年開業の老舗水族館だが、全く古くない。飼育種類数は日本一(約1200種)の盛りだくさん水族館だ。子ども連れにもデートにも、鉄板の場所と言えるだろう。

顔、出しすぎやろ(笑)

《思い出の店で昼食》
 鳥羽での最後の食事は、思い出の店。私が中学生の頃、私を含む三きょうだい、両親、そして母方の祖父母の組合せで旅行し、この店で食事をしたのだそうだが、私はなぜか全く記憶にない。おそらく不参加だったのだと思う(友人たちと軽井沢へ行っていたような)。
 息子と二人で、豪華定食と鯛のあら炊きをシェア。あら炊きが絶品だった。

 帰りは近鉄特急。向かい合わせに座った娘と息子が
「足が当たってるで」
「そっちが邪魔やねん」
「足、引っ込めえや」
「そっちが引っ込めえや」
の無限ループのケンカをやり始め
「お前ら、いい加減にせえ。デッキで立ってろ!」
と退場を食らうアクシデントはあったが、無事に家に到着。

 新年早々、たいへんな贅沢をさせてもらった。感謝。

にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ
にほんブログ村

【中央競馬予想と与太話】愛知杯、淀短距離S(2018)~荒れる愛知杯の始まり~

 強烈な寒さだ。おそらく、今シーズンで何番目か(もしかすると一番)に寒い一週間だろう。競馬もだが、センター試験に影響がないように願いたい。
 今週から中京開催が開幕。なぜ一週間ずれて始まるのか、気持ち悪いのは私だけだろうか…。その開幕初日には愛知杯が組まれている。一方、京都のメインは淀短距離ステークスである。

 愛知杯は年始に移ってから、今回で3回目。過去2回は荒れ模様だ。年末に組まれていた時代から荒れ放題のレースで、ここ10年で堅く収まったといえるのは、3年前と10年前くらい。馬連万馬券は当たり前、とにかく荒れる。厳冬期の牝馬のハンデ重賞ならではといえるだろう。
 このレース、以前は混合レースであり、牝馬限定となったのは2004年からだ。記念すべき、牝馬限定1回目の勝ち馬はメモリーキアヌ。3歳春にはスイートピーSを勝ってオークスに駒を進めたが歯が立たず、秋もGI戦線では通用しなかった。その後は準オープンで勝ちきれないレースが続き、4歳夏にこのレースに格上挑戦した。当時は夏に組まれていたのだ。
 準オープンを勝てない馬が人気するはずもなく、9番人気。しかし、その低評価をあざ笑うかのように、テン乗りの秋山騎手を背に、見事にマクリを決め、接戦を制した。「荒れる愛知杯」の始まりとなったレースと言えるだろう。
 ちなみに、このとき1番人気を裏切ったのが、後の天皇賞馬、ヘヴンリーロマンスであった。

メモリーキアヌ。netkeiba.comより

 レースにいってみたい。
 本命は◎エテルナミノル。前走は痛恨の出遅れ。にもかかわらず、1着からクビ、ハナ、クビ、クビ差の5着まで追い上げた。お陰でハンデは据え置き。前々走のGIこそ崩れたが、手堅く走る。左回りにも勝ち鞍あり。秋山騎手に、メモリーキアヌの再現を期待したい。
 推奨穴馬は軽ハンデの格上挑戦馬。中でも、メイズオブオナーアンドリエッテはしっかり押さえておきたい。

 淀短距離Sは人気でも◎アクティヴミノル。ミノル祭りとならないか。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

2018年1月11日木曜日

【書評】NHKスペシャル取材班『42.195 kmの科学─マラソン「つま先着地」vs「かかと着地」─』(角川oneテーマ21)

 日本人がメダルを取れないわけだ


 2012年7月に放映された、NHKスペシャル「ミラクルボディー 持久力の限界に挑む」という番組を書籍化したもの。ケニアの元世界記録保持者である「皇帝」ハイレ・ゲブレシラシエ選手を中心に、それを打ち負かしたパトリック・マカウ選手や日本の実業団選手の協力を得て、彼らの持久力や筋肉を最新の科学装置で計測し、その速さの秘密を解き明かす。
 ケニア・エチオピアを中心とする、東アフリカの高地出身のランナーが速い理由がよく分かった。日本人がメダルを取れなくなったのも、当たり前だわ。

 標高2000 mを超える高地で生まれた子どもたちが、山道を裸足で駆け回る。小学校へ行くために、高地の山道を、毎日15 km以上走る。それに加えて、水などを得るために、さらに走る。日々の生活が、ハードな高地トレーニングそのものなのだ。その結果、十数歳の子どもたちが、過酷なトレーニングを積んだ日本人以上のスタミナ(最大酸素摂取量:VO2 MAX)を示す。
 
 さらに、悪路を裸足で駆けるため、省エネ走法が身につく。これが、アフリカ勢がつま先着地で走れる理由なのだ。副題にある「つま先着地」vs「かかと着地」について、本書では「つま先着地」に軍配をあげている。世界的にも、つま先着地を支持する声が大きい。
「それなら、みんなつま先着地にすればいいやん」
私もかつてはそう思っていた。しかし、話はそう簡単ではない。私も約半年前にランニングを始めた当初は、つま先着地を試みていたが、ふくらはぎがパンパンに張ってしまうのだ。私は1カ月ほどでつま先着を諦めた。実際につま先着地で走ってみれば分かっていただけると思う。
 たしかに、つま先着地のほうがスタミナのロスを防ぐことができる省エネ走法なのだが、それを支える筋肉が必要なのだ。それをアフリカ勢は、幼少時の悪路・裸足ランニングで身につける。しかも、高地トレーニングのおまけ付きだ。

 そんなアフリカの子どもたちが、「キャンプ」と称する合宿所でトレーニングを積み、そこで勝ち残った精鋭たちが国の代表としてオリンピックなどに出てくるのだ。たとえて言えば、生まれたときから英才教育を受けたバイオリニストに、中学校の吹奏楽部でバイオリンを始めた叩き上げの日本人が挑むようなものだ。かなうはずがない。われわれは日本人なので
「最近の日本のマラソン選手は情けないなあ」
と思いがちだが、メダルが取れなくなったのは日本だけではない。かつては強豪だったヨーロッパの国や韓国勢なども、最近はからっきしだ。東アフリカ勢のひとり勝ちなのである。

 おそらく、東アフリカの国々が裕福になって、高地に住む子どもたちが裸足で駆ける必要がなくなるまで、ひとり勝ち状態は続くだろう。
 この素人予想を覆す日本人ランナーに出てきてほしいものだが、難しいだろうなあ…。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2018年1月8日月曜日

【お父さんの週末料理】2018年1月3~8日~新年のメニュー~

 わが家では土曜、日曜の料理は主に父(私のこと)が担当している。そのメニューを絶賛(?)公開中。
 家族構成は父(40代半ば)、母(年齢非公表)、娘(小4)、息子(小1)の4人である。

 年末年始は贅沢にも旅行に行ったため、自炊は3日から。
 最近は、特に息子の野球のある日は、朝をしっかり食べて昼を軽めにというパターンが定着。

 1月3日(水) 

◆昼ご飯◆
 市販のローストセットを買って食べた。ローストビーフ、ローストポーク、カモの3点セットがお買い得だった。
 他は白ご飯、サラダ、鶏肉スープ、カボチャの煮物、鶏ネバー。鶏ネバーはダシを取ったあとの鶏むね肉を炒めて、ふじっ子の納豆昆布と和えたもの。高タンパク、高カルシウムの筋肉増強メニューだ。娘が気に入った。

納豆こんぶ。ネバネバ

◆晩ご飯◆
 子どもたちが選んだ、今年最初の「今週の魚」は鮭のムニエル。すでに小麦粉がついている鮭を買った。手軽で美味しかった。息子が「これ、ムニエルと違うで~」とクレーム。別の料理と間違えているのだろうか?
 他は白ご飯、サラダ、鶏肉スープ、カボチャの煮物、鶏ネバー。野菜が高いのでサラダがしょぼい。

 1月4日(木) 

◆朝・昼ご飯◆
 朝は、前日の夜に作った鶏肉ハンバーグ。作り置きにちょうどよい。朝からモリモリ食べた。
 他は雑煮、サラダ、カボチャの煮物、鶏ネバー。お正月なので、スープに餅を入れて雑煮にした。
 昼は朝の残りの鶏肉ハンバーグと焼き餅。トースターで餅を焼いたらプク~っと膨らんだ。子どもたちは大喜び。

鶏肉ハンバーグ。冷めても美味しい

◆晩ご飯◆
 スーパーで美味しそうな鯛あらを発見したので、あら炊きにした。甘辛い味付けが気に入ったのか、子どもたちに好評だった。
 他は白ご飯、サラダ、カボチャの煮物、鶏ネバー、マグロの刺身。刺身は子どもたちにせがまれて、つい買ってしまった。

鯛のあら炊き。意外に子どもたちにも好評

マグロの刺身、カボチャ煮物、鶏ネバー、サラダ

 1月5日(金) 

◆朝・昼ご飯◆
 お正月ということもあり、筑前煮。むね肉で作ったので、ちょっとパサついた。子どもたちは「普通かなあ」という反応。蓮根を入れ忘れた…。
 他は白ご飯、サラダ、カボチャの煮物、鶏ネバー、ゴボウサラダ、黒豆。今年のおせちは黒豆だけ。
 昼は筑前煮の残りとピザまん。子どもたちはピザまんは人生初めて。トマトが美味しかったそうだ。
筑前煮。蓮根を入れ忘れた…

◆晩ご飯◆
 プチ贅沢して、ブリの半身を買って塩焼きと刺身にした。塩焼きもグーだったが、刺身がトロトロで美味しかった。
 他は蓮根まんじゅう、白ご飯、サラダ、カボチャの煮物、鶏ネバー、ゴボウサラダ、黒豆。蓮根まんじゅうは、筑前煮に入れ忘れた蓮根をすりおろして焼いたもの。ふわふわで美味。

ブリの塩焼き。脂がのっている

 1月6日(土) 

◆朝・昼ご飯◆
 朝は鱈(たら)を焼いた。安くて美味しそうな魚を探すと、つい毎週同じになってしまう。旬の鱈の照り焼きは、ほろほろで美味しかった。
 他は白ご飯、サラダ、カボチャの煮物、鶏ネバー、ゴボウサラダ、黒豆。カボチャの煮物と鶏ネバーは、最初に作ったのがなくなったので、もう一度作った。カボチャは少し酢をきかせた。娘は酢入りのほうが好み。
 この日は息子の野球の初練習で11時前に昼ご飯…。ぱぱっと食べられるそばにした。

鶏ネバー、ゴボウサラダ、カボチャの煮物、黒豆

◆晩ご飯◆
 娘の好きな餃子とうどんのセットメニュー。小麦粉をこねて、同じタネから餃子の皮とうどんを作る、みんなのきょうの料理からのレシピだ。この日は、まずは餃子から。皮作りから、白菜のみじん切り、ひき肉のコネコネ、そして皮に包むまで、ほぼ娘が作ってくれた。お陰様で美味しくできました。息子もかぶりついていた。
 他はサラダ、カボチャの煮物、鶏ネバー、黒豆。炭水化物は餃子の皮。

具だくさん餃子スープ。餃子はほとんど娘が作った

 1月7日(日) 

◆朝・昼ご飯◆
 この日は用事があったので、ポテサラを作りおいた。
 私以外の3人は昼も家で食べた。餅を焼いて雑煮にした。

雑煮。餅がプクーッと膨らんでいる

◆晩ご飯◆
 私以外の3人は夕方まで遊びに行っており、晩ご飯がいるかどうか分からなかったので、準備していなかった。結局、家で食べることになり、ぱぱっとラーメンを作った。具はネギだけ。
 他はキャベツ、カボチャの煮物、鶏ネバー、黒豆。

作り置き三兄弟

 1月8日(月・祝) 

◆朝・昼ご飯◆
 昨日の小麦粉を、今度はうどんに。モチモチのうどんは娘の大好物だ。この日もズゾズゾと平らげた。
 鯛あらが300円とお買い得だったので、もう一度、鯛のあら炊きを作った。息子が初めて頭に挑戦したが「骨がいっぱいある~」と苦戦。久々に怒られたが、きれいに食べた。
 他はサラダ、カボチャの煮物、鶏ネバー、黒豆。
 昼は冷凍ピザ。意外に美味しかった。息子は「毎日これがいいなあ~」だそうだ。

鯛のあら炊き。息子が苦戦した

◆晩ご飯◆
 お正月は鳥羽で過ごしたのに、牡蠣フライを食べられなかった。残念。というわけで、自分で作った。われながら、ぷりっと上手にできた。娘も牡蠣フライ好きだ。
 揚げ物ついでに、カボチャとブリもフライにした。息子はカボチャフライがとても気に入り「煮物とどっちが美味しいか、迷うなあ」だそうだ。
 他はサラダ、カボチャ、スープの煮物。炭水化物はスープに入れたジャガイモで済ませた。

牡蠣フライ。プリプリ

カボチャフライ。息子がとても気に入った

 ブリのフライ。これも美味しかった

にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ
にほんブログ村