2017年9月11日月曜日

息子が野球を始めました【小学1年生】

 今年の4月から息子が野球チームに入った。1学年上の友だちがチームを変わるときに「一緒にどう?」と誘われたのがきっかけだ。スポ少のような当番はなく、月謝も1000円だという。息子も「やってみたい」というので入部した。私がよく中継を見ているので、息子は野球には興味があったし、何となく程度にはルールも分かっていたのだ。

 練習は木・土・日。木曜は親の仕事の都合で無理なので、土曜か日曜のどちらか1日だけ参加するところから始めた。
 いざ練習へ。ところが、野球の基本であるキャッチボールがまともにできない。左手だけで球を取ることができないのだ。小学1年では握力が足りないのだろう。投げるのも、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり。打つほうも、バットが重くて、バットに振られている状態。もう少し筋力をつけないと、打つのも守るのも難しそうだ。

練習風景。うしろに見えるのは比叡山

 週末には、たまに私と一緒に公園で少し練習もした。少しずつはマシになっていったかな…。
 そんなこんなで夏へ。甲子園が始まり、息子がハマった。そのお陰でルールの理解がかなり進んだ。さらにはアニメ「キャプテン」を見てモチベーションもアップ。夏休みの終わりからは、土・日ともに練習に参加する週も増えてきた。9月になったいまもやる気満々で、張り切って練習に通っている。ぜひこのモードを続けてほしいものだ。
 Tシャツとキャップはチームの指定のものを購入。さらにバット、ズボン、ストッキング、スパイクも買い、ひと通り揃った。

ユニフォーム一式が揃った

 しかし、当番がないとはいえ、グランドまで息子を連れて行くのはけっこうな手間だ。会場は決まっておらず、いろいろなところで練習がある。わが家は車を持っていないので、自転車や電車を使ったり、友だちの車に乗せてもらったり(いつもすみません…)して何とかやりくりしている。
 われわれの時代は、友だちで集まって自転車でワイワイ通ったものだが、1年生だとそうもいかないか。しばらくは送り迎えが必要なようだ。3、4年生くらいになれば、自分たちで通ってほしいものだが、いまの時代は親の送り迎えがデフォルトなのかなあ…。
 また、チームのメンバーが増えてコーチが不足しているそうだ。私が野球経験者ということはバレているらしいので、いずれは声がかかるかもしれない…。息子は
「お父さんも、コーチに来てくれたらいいのに」
と言うのだが、ちょっとしんどいなあ…。せめて2~3年後からにしてください。

 私は中学・高校と6年間、野球部だったので、息子が野球を始めてくれたのは嬉しいことだ。わが家の週末の自由度が減ってしまったが、何かに打ち込む以上、仕方なかろう。どんどん練習して、上手になってください。
 一方、週末の家族でのお出かけが減り、小4の姉のヒマ人・グータラぶりが加速しているのが気がかりだ…。

グータラするヒマ人

にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿