2018年1月12日金曜日

鳥羽へ旅行に行ってきた【2018年の正月、小4の娘と小1の息子とともに】

 2017年末は、贅沢にも旅行先で年を越した。食事を含む宿泊代はすべて両親もち(いつもすみません…)。昨年までは三家族(私は3人きょうだいです)が実家に集まっていたのだが
「来てもらうのは、もうしんどい。お金は出すから旅行にしよう」
となったのだ。それならそれで、日帰りで顔を出すなりしたのだが…。なんだか申し訳ないが、ご提案に甘えることになってしまった。

《旅行前にひと騒動》
 申し訳なく思いつつも、温泉旅館で年を越せるとは、なんと贅沢。一家四人とも、とても楽しみにしていた。その矢先、クリスマスに妻がインフルエンザでダウン。しかし、この時期なら旅行までには回復しそうだ…と思っていたら、息子に感染。これはやばい。欠席も覚悟した。
 しかし、当日までに何とかギリギリ回復。当初は近鉄特急で行く予定だったが、病み上がりで歩いたり乗り換えたりするのはしんどかろうと、レンタカーに変更して鳥羽へ向かった。

《いざ到着》
 いつもより第二名神の交通量が多かった程度で、それほど混まず、無事に到着。宿泊は、老舗の戸田屋だ。部屋に入り、さっそくダラダラモード。極楽ですな。

さっそくダラダラモード。温泉旅館はこれに限ります

 ひと風呂浴びて、晩ご飯会場へ。贅沢にも、個室の宴会場だ。2歳から73歳までが勢揃い。この旅行はおばあちゃん(私の母)の古希のお祝いも兼ねていたので、まずはおめでとうの乾杯。お祝いする側が招待されるというのはかなり間抜けだが、成り行き上、仕方がなかったということにしておきたい…。
 料理は伊勢志摩の海の幸あり、松阪の牛肉ありで、超豪華。食べきれないほどの量だった。子どもたちは早々に満腹になり、舞台でマイクを持って宴会芸(?)。
「みなさん、聞いてますか~?」
「いまから歌いますよ~」
「準備はよいですか~?」
の繰り返しで、肝心の歌がなかなか始まらないのが可愛らしかった。

肝心の歌がなかなか始まらない

 食後はゲーセンで少し遊んで、年越しそば会場へ。満腹だったので、2人前で正解だった。

いい匂い?

 この日だけは特別に、夜更けまでDS大会。とはいえ、最も長時間やっていたのは、妻だったが…。

半分以上、妻がやっていた…

《明けましておめでとう》
 目が覚めたら2018年。夜更かししたため眠りこけている子どもたちを起こさないよう、私は朝風呂へ。まったく極楽ですなあ。
 朝食の後は、餅つき大会に参加。わが子たちは
「いやや~、恥ずかしい~」
と拒否したが、強制参加。従兄弟たちと一緒に餅をついた(つかされた)。つきたてのきなこ餅は美味。

従兄弟と餅つき

 続いて七福神探し。館内の七福神をすべて探し出すと、景品がもらえる。妻が子どもたちを引き連れて、探索開始。

七福神を探せ

 私がおじいちゃん(私の父)とロビーでくつろいでいると、子どもたちが現れて
「お父さ~ん、手伝って~」
ときた。妻だけでは手に負えなかったようだ。しかし、私が参加するとあっという間に七福神をコンプリート(やや大げさ)。父の威厳を見せた(笑)。

《伊勢シーパラダイス》
 ずっと旅館にいるのも何なので、子どもたち6人と、私を除くその親たちで、伊勢シーパラダイスへ。私のこどもたちは小4と小1なので、親が一人ついていれば十分だが、残りの二家族はまだ2歳の幼児がいるので両親ともに参加だった。楽になったものだ。
 伊勢シーパラダイスは、魚や海獣との「ふれあい」をコンセプトにした、こぢんまりした水族館だ。見るだけよりも、触りたい人にはお勧めだ。息子は、まだインフルエンザの影響で少ししんどかったのだろうか、「もう帰ろうや~」モードになってしまい、叱られてグズっていた…。

「ふれあい」がテーマだそうだ

 不参加の私は、この間に新年初ランニング。旅行先でのランニングを楽しませてもらった。鳥羽のシーサイドを爽やかに疾走した…と言いたいのだが、風が強くて難儀した。向かい風の中、走ってシーパラダイスに向かい、みんなと合流。夫婦岩を見て(すごい風だった)、おみくじを引いた。今年は二人も大吉が出た。よい年になりますように。

夫婦岩。小学校の修学旅行以来、30数年ぶり

 晩ご飯が多いことを見越して、昼食は軽めに済ませ、自家用車組とバス組とランニング組(もちろん1名のみ…)に分かれて旅館へ戻った。帰りは風も弱まり、追い風だったので気持ちよく走れた。

《元旦の夜》
 旅館に帰り、ひと風呂浴びて夕食。お腹を空かせた甲斐があり、私は見事に完食。この日も海鮮や鯛飯が美味しかった。空腹に勝る調味料なしだ。
 夕食後は、ビンゴ大会。その前に、もう一度、餅つき大会があった。参加者が少なく、見るに見かねて私も参加。なんとアンカーになってしまい、ずいぶん何回も餅をつく羽目に…。何とかやり遂げた。

何回つけばよいのでしょうか(汗)

 本命のビンゴ大会は、みんなハズレ。残念でした。
 部屋に帰って、この日も夜更かししてDS大会。子どもたちには、夢のようなひとときだったことだろう。

《鳥羽水族館》
 翌日の1月2日は、チェックアウトを済ませて鳥羽水族館へ。順路がなく、自由に見て回れるのがよい。

オコゼが整列。可愛らしい

 1955年開業の老舗水族館だが、全く古くない。飼育種類数は日本一(約1200種)の盛りだくさん水族館だ。子ども連れにもデートにも、鉄板の場所と言えるだろう。

顔、出しすぎやろ(笑)

《思い出の店で昼食》
 鳥羽での最後の食事は、思い出の店。私が中学生の頃、私を含む三きょうだい、両親、そして母方の祖父母の組合せで旅行し、この店で食事をしたのだそうだが、私はなぜか全く記憶にない。おそらく不参加だったのだと思う(友人たちと軽井沢へ行っていたような)。
 息子と二人で、豪華定食と鯛のあら炊きをシェア。あら炊きが絶品だった。

 帰りは近鉄特急。向かい合わせに座った娘と息子が
「足が当たってるで」
「そっちが邪魔やねん」
「足、引っ込めえや」
「そっちが引っ込めえや」
の無限ループのケンカをやり始め
「お前ら、いい加減にせえ。デッキで立ってろ!」
と退場を食らうアクシデントはあったが、無事に家に到着。

 新年早々、たいへんな贅沢をさせてもらった。感謝。

にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿