2018年10月28日日曜日

【中央競馬予想の回顧】天皇賞・秋、スワンS、アルテミスS(2018)

 今週は天皇賞・秋。
 ◎アルアインは逃げたキセキの直後をぴったりマーク。道中は予想通りスロー。絶好の位置取りだ。直線に入り、前をかわしてどこまで粘れるか…と思っていたら、逃げたキセキをなかなかかわせない。最後はレイデオロサングレーザーにかわされて4着。展開は向いただけに不甲斐なかった。上位の馬を褒めるべきなのか。
 勝ったのはレイデオロ。中団から鋭く抜け出して快勝。ルメール騎手が神がかっている。
 1番人気のスワーヴリチャードは10着に惨敗。出遅れも響いたのだろうが「馬がずるくなってきている」というコメントが気がかりだ。

 土曜はスワンS。
 ◎レーヌミノルは想定通りの逃げ。手応えを残して直線を向き、残り200 mへ。
「そのまま~」
というかけ声もむなしく、最後にドドッとかわされて7着。着順ほど負けておらず、あとひと粘りだった。
 勝ったのはロードクエスト。先に抜けたモズアスコットを差しきった。剛脚復活。

 東京ではアルテミスS。
 ◎ブラックダンサーはまさかの13番人気で単勝は192.5倍。来たら大きかったのだが、そうは問屋が卸さず、最下位に沈んだ。実力通りということなのだろうか。
 勝ったのはシェーングランツ。ソウルスターリングの妹という良血馬が重賞制覇。

 今週は3戦0勝。他もチョロチョロでは、トータルはややマイナス。開催代わりで巻き返したい。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿