2018年4月8日日曜日

【書評】西加奈子『漁港の肉子ちゃん』(幻冬舎文庫)

肉子ちゃんがええキャラしてる。元気もろたわ


 初めて読んだ西作品。人情がしみ出てくるような、いい作風だ。ひねりのない、ある意味淡々とした展開が、暖かみを感じさせる。飽きのこない、おばんざいのような作品。

 肉子ちゃんがいいキャラをしている。大きな愛、無償の愛。愛の塊だ。何でもかんでも
「よっしゃ、よっしゃ」
と引き受けてしまう、大阪のオバチャンの究極形とでも言えばよいのだろうか。楽天的な前向きさに、元気をもらった。

 でも小説だから元気をもらえたけど、こういう人が実際にいたら、友達になりたいかどうかは、ちょっと微妙かも(笑)。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫) [ 西加奈子 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/4/8時点)

楽天ブックス

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿