2015年12月24日木曜日

【お父さんの週末料理】2015年12月19・23日~クリスマスメニュー~

 わが家では土曜、日曜の料理は主に父(私のこと)が担当している。そのメニューを絶賛(?)公開中。
 家族構成は父(40代前半)、母(年齢非公表)、娘(小2)、息子(年中組)の4人である。なお、朝ご飯は妻が早起きして作ってくれている。

 日曜は所用で昼・夜と外食。23日の昼も外食したので、3食分。番外編として、妻が作った息子の遠足の弁当も。

 12月19日(土) 

◆昼ご飯◆
 鶏もも肉をぎゅーっと押さえてパリッとソテーした。もらい物のジャガイモがたくさんあったので、炭水化物はベイクドポテトで。砂ずりと大根は作り置きメニュー。

<鶏もも肉のソテー>
 ぎゅーっと押さえながら焼くと、イタリアン風に仕上がる。旨味が逃げてしまうと思うかもしれないが、心配なし。お試しあれ。
鶏もも肉のイタリアン風ソテー
<ナメコ汁>
<サラダ>
<ベイクドポテト>
<砂ずりの塩焼き>
<大根とネギの煮物>

サラダ

―評 価―
 鶏もも肉もポテトも好評。子どもたちがよく食べるようになってきたので、鶏もも肉は1枚では少なくなってきた。

◆晩ご飯◆
 息子が選んだ「本日の魚」はスズキ。半身は刺身に、半身はバターで焼いた。

<スズキのバター焼き>
<ナメコ汁>
<サラダ>
<ポテサラ>
<砂ずりの塩焼き>
<大根とネギの煮物>

―評 価―
 スズキは刺身も焼き物も美味しかった。この日はお楽しみ会があり、オヤツをたらふく食べていたため、息子が久々に苦戦した。

 12月23日(日) 
映画を見に行ったので、昼は外食した。

◆晩ご飯◆
 クリスマスメニュー。最初はチキンレッグを買うつもりでスーパー内の精肉屋に行ったところ、丸ごとの鶏を発見。予定変更してこちらを購入した。店の人によると、180℃のオーブンでまず30分、裏返してさらに30分焼いて、お尻を刺して赤い血が出てこなくなったらOKとのこと。

<ローストチキン>
 丸ごとの鶏に塩コショウをなじませ、オーブンへ。上記の指示通りに加熱したのだが、脚を切るとまだ火が通っていなかった。結局、フライパンで再加熱した。
<ベイクドポテト>
<サーモンのカルパッチョ>
<コンソメスープ>
 具はタマネギ、大根、ニンジン。
<手作りクリスマスケーキ>
 妻の手作りクリスマスケーキ。トッピングには娘も参加。

手作りケーキ

―評 価―
 ローストチキンはなかなか火が通らず、残念だった。来年はもう少し研究して、うまく焼きたい。味は超美味だった。
 ケーキはもちろん大好評。やや満腹気味で
「ケーキは少しでいいで」
と言っていた息子も、結局おかわりした(w)。

◆番外編:息子の遠足の弁当◆
 息子の遠足があり、妻がリクエストに応えて妖怪ウォッチのキャラ弁を作った。USAピョンのベイダーモードだ。卵と海苔で上手く作っている。

USAピョンベイダーモードキャラ弁

にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿